気仙沼・唐桑コースKESENNUMA / KARAKUWA

CONCEPT

光り輝く海と緑の半島

奇岩・絶壁にたたきつける波の⾳を聞きながら歩くコース

宮城県北東端にある気仙沼市唐桑町は、人口約6,200人が住む面積42㎢の小さな半島に位置します。変化に富んだリアス海岸が続く三陸ジオパークの絶景や、四季折々の草花など、多くの見どころがあります。

オルレのコースは、気仙沼市唐桑半島の先端にある唐桑半島ビジターセンターから、三陸復興国立公園の代表的な景勝地である巨釜(おおがま)・半造(はんぞう)まで。スタート地点を出発して海岸に沿って歩くと、東日本大震災の際に海底から打ち上げられた巨大な津波石が見られます。
おおよそ37年の間隔で大きな津波の被害に遭っているこの地域は、自然災害に対する防災教育と防災システムが整えられているのが特徴。津波によるつらい経験をしながらも、海と共に生きてきた長い歴史のなかで「自然に逆らうことはできない」という考え方が培われてきたといいます。 気仙沼・唐桑コースを歩くと、自然を畏れながらも海と共に生きる道を選択した人々の祈りが育てた独特の文化、そして、お互いを思う心に気づけるかもしれません。

複数の神社を歩きながら海の安全を祈る参詣文化があり、町内には70以上もの神社が点在しています。船に乗って遠くの海に出た夫のため、妻が通った参詣の道と、生活路をオルレコースとしてつないでいます。海と共に生きてきた唐桑の人々の生活と文化に触れる素敵なコースです。

コース詳細

コースマップ

※拡大してご覧ください

コースの見どころ

1

唐桑半島ビジターセンター

(スタート 0.km)

2

御崎神社

(0.4km)

タブの木が⽣い茂る森の中にある神社。1,000年以上の歴史を持ち、縁結びや大漁祈願にご利益があるとされています。周辺には神の使いとされる鯨を祀った「鯨塚」などの⽯碑もあり、海の民の信仰の深さを感じられます。

3

御崎岬

(0.8km)

太平洋を広く見渡せる半島の先端の絶景スポット。ミルフィーユのような特徴的な岩肌は約2億5千万年前の堆積岩で、日本の地質100選、三陸ジオパークの見どころ にも選ばれています。

4

神の倉の津波⽯

(3.0km)

2011年3月11日の⼤津波により海底から打ち上げられた巨大な岩。大きなものは直径約6m、重さ推定150トンもあります。津波の持つすさまじい力を実感できます。

5

弥右衛⾨坂

(3.5km)

オルレをきっかけに地域住民の手で整備して蘇った古道。この付近では昔、「弥右衛門」という名のキリスト教の伝道師が暮らしていたといわれています。

6

椿のトンネル

(3.8km)

温暖な気候の唐桑半島には2万本以上の椿の木があり、3⽉〜4月になると赤い椿によって、花のトンネルや花の道がつくられます。

7

唐桑御殿の家並み

(4.3km)

入母屋造という工法で作られた大きな瓦屋根が特徴の豪壮な家屋は「唐桑御殿」と呼ばれ、世界の海で活躍した漁師たちが競って建てたものです。

8

Aコース・Bコース分岐点

(4.7km)

リアス海岸沿いの自然歩道をメインに歩くAコース、食堂や商店に立ち寄ることのできるBコースを選べます。

9

笹浜漁港

(6.0km)

典型的なリアス海岸の唐桑半島には、⼤⼩の⼊江が連なり、地域の⼈たちが漁港として使っています。笹浜漁港は⽟⽯が美しい場所です。

10

折⽯

(8.0km)

三陸復興国⽴公園の景勝地。⼤海原にそびえる⾼さ16mの⼤理⽯の⽯柱「折⽯」は、1896年の⼤津波によって先端が折れたことから名付けられました。済州オルレ7コースにも似た⽯柱があり、その名前は「ウェドルゲ」と⾔います。

11

半造

(フィニッシュ 10.0km)

奇岩の間にニッコウキスゲやハマギクなどの花々が咲く、美しい海岸。⽔平線から昇る朝⽇を⾒ることもできます。

コース高低図

宿泊情報

  • リアス唐桑ユースホステル

    素泊まり4,000円、朝食付き4,760円、朝・夕食付6,000円

    住所
    気仙沼市唐桑町中井2-8
    TEL
    0226-32-2490
  • 唐桑御殿つなかん

    素泊まり6,000円、朝食付き7,000円、朝夕食付10,000円

    住所
    気仙沼市唐桑町鮪⽴81
    TEL
    0226-32-2264
  • ⺠宿 さかや

    素泊まり4,320円、朝食付き5,940円、朝⼣⾷付7,500円〜

    住所
    気仙沼市唐桑町岩井沢44
    TEL
    0226-34-3520
  • ⺠宿 はまなす

    素泊まり5,000円、朝食付き5,800円、朝夕食付7,000円〜

    住所
    気仙沼市唐桑町高石浜195-1
    TEL
    0226-32-2814
  • 民宿 なぎさ

    素泊まり4,320円、朝食付き5,400円、朝夕食付7,025円~

    住所
    気仙沼市唐桑町明戸187
    TEL
    0226-32-3198
  • 民宿 砂子

    素泊まり4,320円、朝食付き5,400円、朝夕食付7,020円~

    住所
    気仙沼市唐桑町馬場21-1
    TEL
    0226-32-2613
  • 民宿 船渡

    素泊まり4,320円、朝食付き5,400円、朝夕食付7,020円~

    住所
    気仙沼市唐桑町中14-5
    TEL
    0226-32-3148
  • 民宿 堀新

    素泊まり4,320円、朝食付き5,400円、朝夕食付7,020円~

    住所
    気仙沼市唐桑町津本24-34
    TEL
    0226-32-2373

※宿泊及び日帰り食事は、全て要予約。
※表記の金額は全て税込価格。

飲⾷店情報

  • ⾷楽まるさん

    寿司定食¥1,600〜ほか  火曜定休

    住所
    気仙沼市唐桑町上小鯖55-5
    TEL
    0226-32-3730
  • 若葉鮨

    にぎり¥1,000〜ほか 不定休

    住所
    気仙沼市唐桑町上小鯖44-6
    TEL
    0226-32-3610
  • コーヒーショップGIGI

    ハンバーグセット¥700 ほか  不定休

    住所
    気仙沼市唐桑町中113-4
    TEL
    0226-32-3216
  • 漁⽕ごだい

    みそラーメン¥890 ほか 木曜定休

    住所
    気仙沼市唐桑町北中98-18
    TEL
    0226-32-4340
  • 復興かき小屋 唐桑番屋

    カキ・ホタテ番屋セット¥1500ほか 10月~5月の土日祝営業・要予約

    住所
    気仙沼市唐桑町鮪立241-6
    TEL
    080-8205-4186
  • キッチンひがしやま

    酢豚定食¥800 ほか 水曜定休

    住所
    気仙沼市唐桑町馬場184
    TEL
    0226-32-4285
  • 茶処プランタン

    ホヤとわかめのスパゲッティ¥1,000 ほか 水・木定休

    住所
    気仙沼市唐桑町宿浦409-2
    TEL
    0226-25-8077
  • 半造レストハウス

    チキンカレー¥700 ほか 月曜定休

    住所
    気仙沼市唐桑町小長根264-2
    TEL
    0226-31-2055

※表記の金額は全て税込価格。

アクセス(スタート地点まで)

鉄道

  • ●仙台空港(仙台空港アクセス線/最短17分)
  • JR仙台駅〈東北新幹線/約30分〉
  • JR一ノ関駅〈大船渡線または高速バス/約1時間15分〉
  • JR気仙沼駅〈徒歩約10分〉
  • ミヤコーバス三日町停留所〈ミヤコーバス御崎行/約45分〉
  • 唐桑半島ビジターセンター
  • ●仙台空港(仙台空港アクセス線/最短17分)
  • JR仙台駅〈高速バス気仙沼行/約180分〉
  • 気仙沼市役所前〈ミヤコーバス御崎行/約45分〉
  • 唐桑半島ビジターセンター

レンタカー

●東北自動車道一関 IC〈 約90分 〉
●気仙沼中央ICから約30分
●気仙沼市街地から車で約30分

タクシー

㈲ししおり・きはんせんタクシー TEL 0226-22-1234
㈱ミナトタクシー TEL 0226-23-3720
㈱気仙沼観光タクシー TEL 0226-22-6000
㈲五十番タクシー TEL 0226-22-0050
㈲なすやタクシー TEL 0226-22-1512
㈱気仙沼ハイタク TEL 0226-24-0026
㈲本吉タクシー TEL 0226-42-3110
㈲ワコータクシー TEL 0226-42-3800

トピックス

唐桑半島ビジターセンター・津波体験館(観光案内所)

唐桑半島の⾃然や人の暮らし、津波の歴史について展示している施設。地域のおみやげ品も販売。

住所
気仙沼市唐桑町崎浜4-3
TEL
0226-32-3029
営業
8:30〜16:30、火曜休館、津波体験館のみ有料

牡蠣

豊かな森の養分が海へと流れ込む、恵まれた自然環境で大切に育てられた唐桑産の牡蠣は、身が大きく濃厚な味わいです。「復興かき小屋唐桑番屋」では、牡蠣いかだの浮かぶ湾を眺めながら、豪快に蒸した牡蠣を食べることができます。
(10月〜5月の土日祝営業。要予約 080-8205-4186)

大唐桑

美容や健康に良いとされる「大唐桑」を使ったお茶やジャムはおみやげに人気です。(大唐桑栽培愛好会)

もっと楽しむ宮城

新鮮な海鮮の宝庫・気仙沼

気仙沼市は宮城県北東に位置し、三陸海岸の交通と商業の拠点となっています。漁港やリアス海岸の美しい景観美が楽しむことができます。高級食材である「ふかひれ」の産地としても有名で、ふかひれ寿司やふかひれスープ、ふかひれラーメンなどが味わえます。また、気仙沼市魚市場では、メカジキ、マグロ、サメ、カツオ、サンマ、マンボウ、サケ、ヒラメ、タラなどの競りも見学できます。

三陸沖の海の幸が勢ぞろい

年間10万トンの漁獲量、日本有数の魚市場

気仙沼漁港・気仙沼市⿂市場

全国で13港しかない「特定第3種漁港」に指定されている気仙沼漁港。世界三大漁場の⼀つ・三陸沖の漁場から毎日旬の魚介類が大量に水揚げされています。近海漁業のみならず、遠洋漁船の母港にもなっていて、カツオ、サンマ、メカジキ、サメなどは全国屈指の水揚げを誇ります。2階には長さ354mもの国内最大級の見学デッキが設けられており、早朝から活気づく魚市場の雰囲気を真上から見学することも。入札がはじまる朝7時頃、多くの魚が並ぶ光景は壮観です。

住所
気仙沼市魚市場前8-25
TEL
0226-22-7119
営業
公開時間5:00〜12:00、不定休(ご見学の際は事前にご連絡ください)
気仙沼市産業部⽔産課魚市場係(気仙沼市魚市場管理事務所) 

⽇本唯⼀のサメ博物館

気仙沼海の市(シャークミュージアム)

気仙沼市魚市場に隣接した観光物産施設「気仙沼 海の市」。1階には、気仙沼港で水揚げされた魚介類や水産加⼯品などが並ぶ商店や飲食店、2階には観光サービスセンターや日本で唯⼀のサメのミュージアム「シャークミュージアム」があります。観光サービスセンターでは、市内の見どころ情報や食べ歩き、宿泊情報などを提供。シャークミュージアムでは、サメの実物模型やサメの不思議な生態などを分かりやすく解説した展示などがあり、サメの水揚げ日本⼀を誇る気仙沼ならではの驚きと魅力がつまっています。また、同ミュージアム内の「復興シアター」では、15分ほどの映像で、市民の目から見た震災と復興、そして未来への歩みを紹介しています。

住所
気仙沼市魚市場前7-13
TEL
0226-24-5755(株)気仙沼産業センター 
営業
海の市 8:00〜17:00 / シャークミュージアム 9:00〜17:00 / 不定休

コースに関するお問い合わせ

唐桑町観光協会(唐桑半島ビジターセンター内)   TEL 0226-32-3029